Shinobu Koizumi

LEEK

ラウンジチェア


LEEK

LEEKはホームセンターなどの身近なところで手に入る材料で作ったハンドメイドのラウンジチェアです。


LEEK

LEEK

とても軽いので楽に移動でき、オットマンをチェアの上に載せておくこともできます。


LEEK

ヘッドレストのポリプロピレンシートは曲げた形で背もたれに串刺し状に固定されています。


LEEK

ヘッドレストの内側は中空になっています。


LEEK

ポリプロピレンシートは充分な強度を得るために2重構造になっています。


LEEK

ヘッドレストとなるポリプロピレンシート。


LEEK

背もたれは取り外すことができ、狭いドアを通り抜けるときなどに便利です。


LEEK

取り外した背もたれ、ヘッドレスト、固定具とチェア本体、オットマン。


LEEK

LEEK

LEEK

LEEK

LEEKは完成品としてはもちろん、座面、ひじかけ、背もたれ、ジョイントなどの大まかなパーツに分かれた組み立てキットとしても提供可能です。それぞれのパーツは骨材であるヒノキと、面材であるシナベニヤによる「変則片面フラッシュ構造」とでも言うべき造りになっており、とても軽くて頑丈です。これらをビスと接着剤で組み立てていきます。

商品のお問い合わせ
contact@shinobu-koizumi.com


LEEK

組み上がっていく様子のCG。




LEEK

左からラフスケッチ、1/5サイズの模型、パーツ構成メモ、組み立てマニュアルの一部。



サイズ:ラウンジチェア W635xD850xH865(SH350), オットマン W600xD400xH350
素材:ヒノキ、シナベニヤ、ポリプロピレンシート